美容液ファンデーションの主な成分

美容液ファンデーションに使われる主な成分にプラセンタがあります。プラセンタは繊維芽細胞を活性化させるFGFを含むので、肌のコラーゲンを生成することができハリが出てきます。
また肌のターンオーバーも促進することで、メラニンを排出してシミを消すなど美白効果もあります。
日焼けで肌が赤くヒリヒリと痛い時は、プラセンタの抗炎症作用でダメージの修復を早めると良いです。美容液ファンデーションにはセラミドが入っていることも多いです。セラミドは角質層に存在し、水分や油分を抱えることで細胞同士を結合させている細胞間脂質です。

 

肌は外部のダメージから守るためにバリア機能を働かせており、その中心的な成分がセラミドです。
セラミドが十分にあると肌は常に潤い、乾燥や紫外線などのダメージにも強くなります。しかしセラミドは年齢とともに減少するため、乾燥肌や敏感肌になってしまう可能性が高いです。
美容液ファンデーションを使えば、セラミドを補うことができるので肌の保湿につながります。元々アトピーだったり乾燥肌だったりする人はセラミドの含有量が少ないと言われるので、若いうちからケアすると良いです。
角質層は肌表面に近いので、外側からのケアで効果が期待できます。

2016/09/12 14:26:12 |
ヴァントルテのミネラルシルクパウダーファンデーションは、乾燥しにくく、カバー力が高いと評判のファンデーションです。時間が経つと崩れやすいというミネラルファンデーションの常識を打ち破り、特殊コーティングによって、長時間サラサラの肌を保てるのが特徴的です。水をはじく特性を持ち、汗をかきやすい夏にもぴったりです。
2016/09/12 14:25:12 |
ランコム タンミラクリキッドの特徴・成分・内容について解説します。ランコムのタンミラクリキッドの特徴は、メイクアップ商品として初めて、肌からの光を増幅する技術「ユニバーサルライトテクノロジー」の搭載に成功した商品であることです。